こんにちは!熊本県八代市で行政書士をしている本田彰子です!
最近めっきり冷え込んできましたね(>_<)インフルエンザも流行っているようなので
皆様、お気をつけください(*’ω’*)

乙姫様は次女?

今、某携帯会社のCMで三太郎が人気ですね!私は浦ちゃん派ですが、
皆さんの推し太郎は?
浦ちゃんといえば、竜宮城の乙ちゃん。菜々緒さんとても素敵ですよね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
私も日々、菜々緒ポーズを練習中です(笑)

そこで、今日はこの菜々緒さん演じる乙ちゃんこと乙姫さまのお話。
乙姫さまの乙という字、「乙」は「甲乙丙…」の「乙」ですよね。
そう、乙姫というのは、その家の二番目の姫つまり、妹ってことですね。
でも、お姉ちゃんのことは「甲姫」とは言わないようです。
諸説あるそうですが、長女を「兄姫」(えひめ)、次女を「弟姫」(おとひめ)としていて、その呼び名から、弟姫→乙姫と表記が変わっていったみたいです。

 

 

tennyo

 

ってことは、竜宮城にはもう一人お姫様がいた?兄姫様いた?もうお嫁に行っちゃったのかな?と、思い少し調べてみました。

どうやら、後世では「乙姫」は妹、つまり若いほうの姫ということで、
「若く、美しいお姫様」を表す通称のようです。
若く、美しいお姫様…乙ちゃん…菜々緒さんにぴったりですね♡
私、浦ちゃん派じゃなくて乙ちゃん派かな!?

 

ということで、乙姫様には姉妹はどうやらいないみたいですね。
(。´・ω・)ん?結婚もしていない…!?

おとぎ話のように、いつまでも綺麗でずっと若いままだったらいいけど、
実際、一人でいるといろいろ不安とかありますよね?

もし、乙姫が今後の自分の生活に不安を感じ、乙姫が所有する竜宮城を
浦ちゃんに管理してもらい、そこの収入によって、自分の生活費や介護費、
医療費を出してほしいと考えたら…

この乙姫の希望を実現するため…

どういう方法があるのでしょう?

そこで、信託という選択肢もあることをオススメします!

信託とは、委託者が信託行為(例えば、信託契約・遺言)によってその信頼できる人(受託者)に対して、金銭や土地などの財産を移して、その受託者は委託者が決めた目的(信託目的)に沿って受託者のために、その財産(金銭や土地)の管理・処分等をする制度です。

例えば…
自分の老後が心配で…
でも、私は独身で両親も年老いている、もしくは、両親がいない
兄弟姉妹はいても、迷惑はかけたくない

というとき

自分を自益者にして、老人ホームに入ったときなどの費用を管理してもらう自益信託や、

亀さん(乙姫のペット?運転手?)に給付するよう受益者を亀さんにするみたいな信託契約(他益信託)
でも、この場合は亀さんに贈与税として課税されたりします。ご注意💦

信託では、自分の思いを契約という形にまとめることで、将来に財産を託すことができます。

urashimatarou

なんか、竜宮城の乙姫様のお話から、信託のお話にとんでしまってすみません(m´・ω・`)m
ついつい横道にそれるっていうか、横断的に考えてしまう職業病というか…

つれづれなお話にお付き合いいただきありがとうございますm(_ _”m)

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪